最高の睡眠をギフトする 眠りの百科事典 SleepediA(スリーペディア)

枕は通販で買って大丈夫?実際に試した方が使い勝手は分かるのか

「枕を通販で買いたいけど口コミで判断してもいいもの?」
「枕をせっかく買ったのに合わなかったらどうしよう…」
通販は便利ですが、こういった不安はつきものですよね。特に使う頻度が高く、良し悪しに個人差がある枕などはなおさらです。

枕が変わると眠れなくなったり、睡眠中に首や肩のこりを覚えたりすることもあります。

その分、枕を買うときはよく吟味することが大切。

「じゃあ枕は実店舗で買えばいいか」と思っても近くにお店がなく、悩んでいる方も多いでしょう。実店舗では枕の現物を確認して買うことができるというのは、大きなメリットです。

今回は、枕を買う場所が実店舗と通販どちらがいいのか、それぞれのメリットや特長、注意点などを解説していきます。

枕をどこで買うか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

1.枕を買うときは店舗と通販どっちがいいの?

はじめに店舗と通販、それぞれで枕を買うメリット・デメリットを解説します。

それぞれのメリットとデメリットを知れば、自分に合った枕の購入場所が分かりますよ!

1-1.店舗で購入するメリット

店舗で枕を購入する最大のメリットは、枕の現物を触って確かめられることです。

いくら精密な写真や詳しい説明があっても、自分の目で見なければ分からないこともたくさんあります。

素材やカバーの感触の違いなどを知ることができれば、より自分に合った枕を選びやすくなるでしょう。

また、寝具専門店には自分に合った枕を選んでくれるアドバイザーがいるところもあります。

自分に合った枕が分からなければ、希望を伝えることで有益なアドバイスをもらえるのはありがたいですね。手入れ方法や正しい使い方も教えてくれます。

このほか、自分専用の枕をオーダーする場合も店舗の方が便利です。ショップのスタッフと相談しながら自分に合った枕を選ぶことができます。高級な枕はアフターケアも手厚いので、簡単な修理や高さの調整なども依頼することができ、手間もかかりません。

1-2.店舗で購入するデメリット

店舗によっては、置いている枕の数が少ないこともあります。

ネットで好みの枕があったので実店舗に買いに来たら売り切れだった、という経験をしたこともある人もいるでしょう。

また、東京や大阪の大都市ならば枕を販売する店もたくさんあります。自分の予算や好みに合わせた枕を選ぶことは難しくありません。

しかし、場所によっては枕を売っているお店がホームセンターしかない、というところもあり、足を運ぶのにかなり労力がかかる場合もあります。

1-3.通販で購入するメリット

通販で枕を購入するメリットは種類が豊富なことです。

数百円台の安価な枕から、数万円台の高価な枕まで豊富な品を比較し、自分に合った枕を見つけることができます。ショップごとの枕を比較するのも簡単ですね。

また、通販では実店舗よりも安く枕が購入できる機会が多いこと、すでに実店舗では取り扱いがなくなった枕が入手できることもメリットと言えます。

サイトによっては実店舗の1割~2割引で枕が手に入ることもあるでしょう。

時期によっては、新製品が出て型落ちとなった枕がお手頃価格で販売されていることもあります。

つまり、探し方によっては高価な枕をお手頃価格で手に入れることができるチャンスもあるのです。

この他、現在は通販でもオーダーメイドの枕を注文することができるようになっています。自分の体に合った枕の高さや形、素材がすでに分かっている場合は、ネットでも簡単にオーダーできるのは嬉しいポイント。

必要な項目にチェックを入れていけば、数分でオーダーメイド枕の注文ができます。オーダーメイドの枕を注文できるお店が近くにない方はもちろんのこと、忙しくて店舗まで枕を買いに行けない方にとっても通販はメリットが大きいと言えますね。

1-4.通販で購入するデメリット

通販で枕を購入する最も大きなデメリットは、実物を見ることができないことです。

写真を見たり詳しい説明を読んだりしても、実物を見て触れらて選ぶことには及びません。

届いた枕を見て「思っていたのと違った」とがっかりする、なんてことも十分にあり得ます。また、少なくはなりましたが、有名メーカーの枕と名前や形を似せただけのものが通販市場には出回っています。

特に通販サイトではこの手の「類似品」は多く、Amazonなど大手通販サイトでも販売されていることもあるのです。「有名な枕が安く買える」と飛びついたら粗悪な偽物だった、ということもるので注意しましょう。

このほか、高価な枕を買った場合、実店舗に比べるとアフターケアが不十分というのもデメリットと言えます。販売店とメーカーが異なる場合、ネットショップ側に連絡しても、修理は受け付けないなどはあるので購入前に確認しておくことが大切です。

なお、通販にはネットショップの他、テレビ通販、雑誌の通販などがあります。テレビ通販は応募時間が短く、巧みに番組内で勧めてくるので、つい即決で購入したくなってしまいがちです。

雑誌の通販は情報量が少なく、思っていたのとは違うということが少なくありません。通販を利用するならば情報量が多いネット通販が一番おすすめです。

2.枕はできれば実際に手に触れられた方がいい

枕は、できれば実際に手に触れて、使い心地を体感してから購入するのがおすすめです。

体にぴったりと合う枕は、人によって硬さや高さが異なります。この硬さや高さの決定は、寝具専門店の店員さんや寝具店にいるアドバイザーと相談しながら決めると失敗が少ないです。

ネットの情報を参考に自分で硬さや高さを決めても、素材が違い思っていた使用感にならないということがあります。実際に服などを注文して、届いて確認したら思っていたのと違うという経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。

このような失敗をなくすためにも東京や大阪などの大都市に住んでいて、複数の寝具店をはしごできるならば、実店舗で枕に触れてみることをおすすめします。

どうしてもネットショップでしか欲しい枕が買えないという場合は、類似した製品を実店舗で確認してからネットショップで購入するようにしましょう。

3.枕を通販で買うときは口コミを見るのも忘れずに

枕は使い心地が重要です。とはいえ、通販サイトでは実際に枕を試すということはできません。

通販を利用する場合は、枕を購入する場合は口コミを忘れずにチェックしましょう。愛好者が多い枕ほど万人向きと言えます。

愛好者が少ない枕でも、肩こりや首のこりなど自分が悩んでいる体の症状が改善されたという口コミがあるならば、参考にできますね。

このほか、耐久性やニオイ、肌触りなども口コミで確認できます。通販の場合、意外と気になるのがニオイです。いくら形や見た目が良く安価でも、ニオイが悪ければ使い続けることはできません。

 

 

口コミでニオイに関する書き込みが目立つようであれば、よく内容を把握しておきましょう。特に、アレルギーを持っている方は、ニオイが強ければ化学物質などアレルゲンが含まれている可能性が高いので注意が必要です。

しかし、口コミの評価が高いからといって全てが安心かというと、そうでないのが通販の難しいところ。

口コミサイトによっては「サクラ」に口コミを書いてもらっているところもあり、一概に信用できないというのが現状です。

短期間で多数の高評価が続いており、似たような文面だった場合は、サクラの可能性もありるのでしっかりと確認しましょう。

逆に長期間、満遍なく良い評価がついている場合は信用できる可能性が高まります。枕を通販で注文する前は入念な下調べをしておくことで、満足のいく枕が購入できますよ!

下調べがめんどくさい!という方はこちらの記事が枕選びの参考になるので、見てみてください。編集部が厳選した枕を揃えています。

 

4.枕を探すときは基準をしっかりと決めておこう

枕はさまざまな形や素材のものがあります。枕を買う際は自分の希望と体型に合っていることの両方を基準に選ぶことが大切です。

理想の枕は仰向けになって寝たときに、首と頭が立っているときと近い姿勢になります。自然な姿勢になるように頭と首を支えてくれる形が多く、首から頭は5度ほどの角度を保つようになっているので参考にしましょう。

横向きに寝る場合は、頭から首までまっすぐになるように首や頭を支える枕が理想的です。

肩から頭まで隙間がないように埋めてくれる枕も、体への負担が低くなります。もちろん、機能性に加えて自分が好きな素材や手触りが心地よいと感じる素材で作られた枕を選ぶことも重要です。

これらの基準が決まらないと、いくら優秀なアドバイザーでもその人に合った枕を正確にチョイスできません。

「ここまで詳しく分からない」という場合は、自分が好きな枕の硬さや素材、今使っている枕の不満点などを把握しておきましょう。

枕を選ぶときの基準はこちらの記事で詳しく解説しています。この記事を読めば、枕のどの部分を見ればいいのか分かるようになりますよ!

5.枕は通販のおすすめランキングなどで探すのも有効

枕に使われてる技術は年々進歩しています。

枕の素材も次々に新しいものが採用され、より寝やすい枕が毎年新発売されているのです。

「今使っている枕に特に不満はないが、より寝やすい枕を探したい」という場合は、おすすめランキングなどを参考にするのもいいでしょう。

最新の枕ランキングはこちらの記事で確認することができます。

 

枕の人気ランキング上位は、それだけ万人が寝やすいと判断した枕です。

その中に自分好みの硬さや高さの枕があれば、それを購入しても使いやすいかもしれません。

ただし、ランキングは通販サイトで「××ランキング1位」という広告を掲げているものは安易に信じてはいけません。見栄えを良くするために用意しているということも、少なくないためです。

慎重に選びたい場合は、ランキングを確認し、実際に店舗に行って使い心地などを確かめてもいいでしょう。通販の方が安い場合は、店舗で使い心地を確かめてから通販で購入するのもいいですね。

6.ネット通販で枕を買う場合は返品制度の有無も確認しておこう

通販で枕を購入する場合は、返品制度があるかどうかを見ておくことも大切です。

返品制度があれば、使ってみてやっぱり合わないと分かった後でも変更をすることができます。しかし、返品ができない場合は、高い枕を買って合わなても、その枕を使い続けなければなりません。

サイトなどに特に表記がない場合は、原則、商品到着日から8日を経過するまでの間は、返品できるようになっています。

返品の可不可や返品条件を示した「返品特約」を明示している場合は、そちらに従うことになるので購入前にはしっかりとチェックしておきましょう!

まとめ:状況によって店舗と通販を使い分けよう

枕を買うなら店舗と通販どちらがおすすめかですが、「環境や探している枕によって変わる」というのが結論です。

できれば、実際に試したいところですが、希望の枕を置いているお店はあまりないでしょう。今は、通販で購入されることが多いので、口コミなどを参考にしつつ選ぶと時間もかかりません。

最後に今回の記事をまとめてみましょう。

  • 通販と店舗はどちらもメリットとデメリットがある
  • 実店舗がない地域では通販しか選択肢がない
  • 通販はネット通販がおすすめ(テレビの通販などは慎重に)
  • 店舗で手に取ってみて購入を決めるのがおすすめ
  • 枕を購入する際は、基準を決めておくことが重要
  • 通販を利用するならば口コミも参考にする

最近では通販でも詳しい説明をしていたり、動画で使い心地を説明したりしていることろも多いです。分かりやすくなってきてありがたいですね。

しかし、やはり自分の目で確かめるのとは違うものです。とはいえ、店舗に足を運ぶほど時間がない方が多くいます。

上手く通販を使って、時間を節約しながら枕を選びたいものですね。枕を選ぶために必要なことは、「おすすめの枕の選び方!自分に合った枕で極上の眠りを体験しよう」の記事で詳しく解説しています。

吟味する数時間を短縮できるので、選ぶ前に読んでおきましょう。

 

 

理想の枕が欲しいならコレ!

睡眠研究の第一人者で「スタンフォード式 最高の睡眠」の著者でもある西野精治先生が開発した、ブレインスリープピローであれば脳眠をすることができます。睡眠時間より睡眠の質を重視して、枕にも気を遣ってみてくださいね。ブレインスリープピローを使えば、あらゆる睡眠の悩みが解消されますよ!

 

ライター = 大古琢登

隠れ睡眠負債チェック

1.休日の睡眠時間が平日より2時間以上長い
2.気が付くと電車やソファで、うたた寝をしてしまう
3.ベッドに入るとすぐに眠りに落ちる
4.朝目覚めるのが辛く、スッキリ感がない
5.午前中に眠くなることがある
6.目覚ましをかけないと起きれない
7.週に3日以上異なった時間に眠る

結果を見る

※すべての項目にご回答ください。
スタンフォード大学 医学部精神科教授 西野精治 先生

スタンフォード大学
医学部精神科教授

西野精治 先生

理想の状態

ぐっすり睡眠ができています。いつも頭もカラダもすっきりと目覚め、疲れがとれているのではないでしょうか。自分が心地良い眠りにつけるように、SleepediAで紹介しているメソッドを積極的に取り入れてみてください。

スタンフォード大学 医学部精神科教授 西野精治 先生

スタンフォード大学
医学部精神科教授

西野精治 先生

予備軍の状態

ときどき寝不足になるときはありますが、ほぼほぼ、良い睡眠がとれていると言えます。ただ、仕事が忙しくなったり、ストレスがたまるとぐっすり睡眠ができないことが増えるかも。意識して、ぐっすり睡眠ができる環境を整えるようにしましょう。

スタンフォード大学 医学部精神科教授 西野精治 先生

スタンフォード大学
医学部精神科教授

西野精治 先生

可能性大の状態

気づかないうちに「睡眠負債」を抱えているかも。特に「午前中に眠くなることがある」「週に3日以上異なった時間に眠る」の項目が当てはまる人は、今すぐ睡眠環境を改善する必要があると言えます。

スタンフォード大学 医学部精神科教授 西野精治 先生

スタンフォード大学
医学部精神科教授

西野精治 先生

睡眠負債がある状態

睡眠不足が続いて、かなり「睡眠負債」を抱えています。そもそもぐっすり睡眠できる環境が整っていないのかも。脳もカラダも悲鳴をあげている状態と言えます。自分がなぜぐっすり睡眠できないのか、原因を探って、改善策を実践してみましょう。

スタンフォード大学 医学部精神科教授 西野精治 先生

スタンフォード大学
医学部精神科教授

西野精治 先生

破産寸前の状態

「睡眠負債」を抱えすぎ、破産寸前です。あなたの健康を害する前に十分休息をとってください。

MOVIE一覧から検索