最高の睡眠をギフトする 眠りの百科事典 SleepediA(スリーペディア)

マットレスと敷布団の違いとは?使えるシーン別に考える

新しく寝具を購入する際、マットレスと布団、どちらにしようかと迷うことはよくあること。

「マットレスと布団の違いって?」
「結局どっちの方が寝やすいの?」
と疑問に思うことも多いですよね。

マットレスと布団のそれぞれに特長、メリット・デメリットがあります。

また、体調やライフスタイルによってもおすすめの寝具が変わってくるものです。そこで今回はマットレスと布団の違いや双方の特長、選び方などをご紹介します。

この記事を読めば、マットレスと布団、どちらが自分の体調やライフスタイルに適しているか分かりますよ!

最近寝つきが悪い、目が覚めたときに身体が痛いという方は寝具が体に合っていないかもしれません。一度、自分の寝具を見直してみませんか?

1.マットレスと布団はどう違う?

マットレスと布団の違いは?と改めて問われると詳しく答えられない方も多いのではないでしょうか?

「マットレスはベッドに敷くもの、布団は床にそのまま敷くもの」
漠然とこう考えている方も多いです。

この項では、見た目だけでなく機能や身体への影響の面から、マットレス・布団の違いを解説します。

1-1.マットレス:弾力性・復元性が高い

マットレスは、布団に比べて厚みがあります。製品によって厚みは異なりますが、10cm以上あるのが一般的です。

マットレスの素材には高反発ウレタン・低反発ウレタン・ポケットコイルなど、弾力性や復元性が高いものが使われています。

長らく日本で寝具として使われてきた布団は、弾力性が低いのが大きなデメリットでした。そのため、無圧布団などさまざまな改良布団が作られてきましたが、マットレスに比べるとその効果は低く、寝心地も悪いものでした。

そのため、寝る際に体にかかる負担をできるだけ少なくしたい場合は、マットレスが適していると言えるでしょう。特に、腰痛持ちなど、体のどこかに痛みを抱えている方はマットレスで眠ったほうが痛みを感じにくくなるはずです。

1-2.敷布団:ベッドいらずで収納・管理もラクラク

布団はマットレスよりも薄く弾力性が低いのですが、その分軽く、持ち運びが簡単でお手入れもしやすいのが特徴です。

現在は丸洗いできる敷布団なんかもありますね。

また、敷布団は畳むことを前提として作られているので、部屋を広く使いたいときもおすすめの寝具です。特に、都市部のワンルームなど狭い部屋で暮らす場合は、限られた空間を有効に使うには布団に軍配があがりますね。

2.マットレスを使うメリット・デメリット

マットレスと布団の両者には当然使うメリットとデメリットがあります。

どんなものがあるのかまずはマットレスから見ていきましょう。

体に負担が少ないと言われるマットレスにはどのようなメリットがあるでしょうか。

2-1.メリット:耐久性が高く体への負担が少ない

マットレスは、横になったときに体にかかる圧力を平均して分散してくれます。そのため、どこか一箇所に負担が集中することはありません。

布団で寝ていると、朝起きたときに腰に痛みを感じるという人もいますが、それは腰に負荷が集中しているため。

また、マットレスに使われている素材は耐久性が高く、5~10年くらいは使用できます。敷布団は3年前後でヘタリがくると言われており、長期間快適に使うのならマットレスがおすすめですね。

2-2.デメリット:大きく収納できないものが多く管理が大変

マットレスのデメリットとして真っ先に上げられるのが大きさです。三つ折りマットレスなどたたんで収納できるものもありますが、快適さの面では劣ります。

マットレスは、床に置いてもベッドに置いても使えますが、置きっぱなしだとマットレスと床やベッドの接する部分に湿気が溜まり、カビが生えることも珍しくありません。

マットレスは布団に比べて湿気を逃しやすい構造になっているものの、まったく溜まらないということではないのです。

マットレスを快適に使うには、たまに布団のように日光に干すなどして乾燥させることが重要になってきます。しかし、マットレスを移動させるのは大変ですよね。

そこで活躍してくれるのが布団乾燥機などの専用機器です。

布団やマットレスの干し方については「【知らなきゃ損】布団の干し方が変わるだけで寝心地が全然違う!」の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてくださいね!

3.布団を使うメリット・デメリット

日本で昔から使われてきた布団を使うメリット・デメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

特に意識しないまま使ってきた方はここでおさらいしておきましょう!

3-1.メリット:移動がラクで管理がしやすい

布団はマットレスに比べるとずっと軽くて薄いのが特徴です。中の素材によっては重く感じられるものもありますが、持ち上げられないほど重いものはありません。

そのため、押し入れなどに収納しやすく管理も楽です。狭いワンルームでも布団を収納することで、部屋を広く使えますね。

また、布団を干したり洗ったりすることも可能です。へたったり汚れたりしたら専門業者にクリーニングや打ち直しに出すことで新品同様に使用することができます。

3-2.デメリット:湿気が溜まりやすく通気性良くない

敷き布団の素材はいろいろありますが、綿など吸湿性が高いものが多いです。そのため、長く使っていると湿気がたまり、重くなったりカビが生えやすくなったりします。

布団を長く快適に使うには、天日干しや布団乾燥機を用いた乾燥など、小まめな手入れが欠かせません。

しかし、仕事で忙しい、天日干しをする場所がないといった理由で手入れができないこともありますよね。そうなると布団の寿命が短くなってしまいます。

布団の手入れが悪いとダニが湧いたりカビが生えたりするので注意してください。ダニやカビある布団を使っているとアレルギーを発症する危険も高まるで、定期的にメンテナンスをしましょう。

4.使うシーンでどちらが向いているのかを考える

布団とマットレス、どちらも一長一短があります。となると選択も難しいですよね。

迷ったときの布団とマットレスの使い分けは、使うシーンで考えるのがおすすめです。この項では、その一例を紹介していきます。

4-1.マットレスが向いているシーン

マットレスの使用が向いているのは、寝室や寝るスペースを確保できる家です。また、家の床がフローリングオンリーという家もマットレスが向いていますね。

体的な特徴を上げれば、腰痛や背面痛などの持病を持っている人や高齢者になります。前述したように腰痛や背面痛は寝ているときに体の一部に負担がかかりすぎることで起こることもあるのです。

高齢になるほど体を起こすことが大変になってくる方も多いでしょう。布団のように床との段差がほとんどないところで起き上がって立ち上がるより、マットレスのように段差があった方が起き上がるのも楽です。

この他、手入れが小まめにできない場合も、布団よりマットレスの方がおすすめです。ハウスダストなどもたまりにくく、アレルギーの方にもマットレスの使用が向いていると言えます。

4-2.布団が向いているシーン

布団の使用が向いているのは和室がある家です。

布団はもともと和室に敷くことを前提として作られています。厚い布団でもフローリングの床は硬すぎ、湿気も溜まりやすいです。

一方、畳みであれば湿気を吸ってくれ、快適に過ごすことができます。フローリングでは床が傷んでしまう可能性もあるので、あまり向いているとは言えないでしょう。

また、狭いスペースを有効に使いたい場合も布団がおすすめ。収納できるので、日中はスペースを広く活用することができます。

このほか、こまめに手入れができ、できるだけ新しいものを使い続けたい場合も布団が向いていますね。敷布団は1枚1万円前後で丸洗いを依頼できるので、1年に1度くらいの割合で頼めば、いつでも清潔な布団で眠れます。

まとめ:マットレスと布団の違いを理解しよう

今回はマットレスと布団の違いやそれぞれの特徴をご紹介しました。

最後に記事をまとめておきます。

  • マットレスの方が体への負担が少なく耐久性が高い
  • 布団は管理が楽で部屋が広く使える
  • 布団はマットレスに比べて寿命が短い
  • マットレスは管理・メンテナンスが大変
  • マットレスが向いているのはフローリング
  • 布団が向いているのは畳

どちらにもメリット・デメリットがあり、体調だけでなくライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。

使い心地も重要ですが、管理できるかどうかもよく考えて選びましょう。最適な寝具を選べれば、パフォーマンス向上も期待できますよ!

 

 

ライター = 大古琢登

MOVIE一覧から検索