最高の睡眠をギフトする 眠りの百科事典 SleepediA(スリーペディア)

睡眠薬の種類、使い方や選び方などの上手な付き合い方とは

 

不眠の症状がある場合、まずは薬に頼らず、生活習慣や睡眠環境を改善することで睡眠のコンディションを整えていくのが理想的です。一方、症状がつらく、睡眠薬の力を借りなければならない方もいると思います。しかしながら、「睡眠薬」と一括りに言っても、薬によって中身は全く異なり、体への作用の仕方も大きく異なります。今回は、そもそもどういった睡眠薬があるのか、睡眠薬の選び方や上手な付き合い方についてご紹介します。

 

 

【約5分でわかる本記事の要約動画】
※音声あり

 

睡眠薬の種類

 

睡眠薬を使用するにあたって、「医師に出してもらった睡眠薬だから安心」と考えるのではなく、その薬にどういう効果や影響があるのか、ご自身で把握されることが大切です。ここでは、睡眠薬にどのようなものがあるのかご紹介します。

睡眠薬は以下のように大きく2つのグループに分けられ、さらにその中にもいくつかの種類があります。

 

 

① 鎮静型の睡眠薬

 

 

従来から睡眠薬として用いられており、今でも医療機関で処方される睡眠薬の大部分を占めるのが①鎮静型の睡眠薬です。このグループの薬は、脳の活動を全般的に抑え鎮静させる薬です。

 

バルビツール酸系

バルビツール酸系はもともと麻酔薬として開発されたもので、睡眠薬として用いられていました。しかしながら副作用が強かったため、現在では睡眠薬としてはほとんど使用されておらず、麻酔薬や抗てんかん薬として使われています。

 

ベンゾジアゼピン系

次に主流になったのがベンゾジアゼピン系の薬で、現在日本でも処方されています。ベンゾジアゼピン系はもともと抗不安薬として開発された薬で、入眠作用、抗不安作用がある一方、鎮静作用による記憶・意識障害や筋弛緩作用によるふらつきなどの副作用があり、海外では使用が減少傾向にあります。

 

また、バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系には、依存性があり減薬や断薬が難しいと言った特徴があります。非ベンゾジアゼピン系は、ベンゾジアゼピン系の副作用の軽減を目指して開発されてもので、記憶障害が残りにくいもの、筋弛緩作用を軽減したもの等があります。しかしながら、薬の作用の仕組みはベンゾジアゼピン系とほとんど同じであることには留意が必要です。

 

ここまで①鎮静型の薬を紹介しましたが、共通する点として、入眠作用は強い一方、あくまで脳の活動を低下させる薬であり、不眠の根本的な原因を解決するものではないということです。

 

② 自然な眠気を強めるタイプの睡眠薬

 


これらに対して、不眠の原因となる身体のシステムの異常にアプローチする、②自然な眠気を強めるタイプの睡眠薬が登場しました。

 

メラトニン受容体作動薬

そのうちの一つがメラトニン受容体作動薬です。メラトニンは脳の松果体と呼ばれる部位で作られるホルモンで、体内時計や睡眠の誘発に関わっています。そのため、メラトニンが正常に作られなくなると不眠の症状が現れます。メラトニン受容体作動薬は、メラトニンと同じような働きをすることでメラトニン不足を補い、不眠症状の改善を行います。

 

オレキシン受容体拮抗薬

もう一つの薬がオレキシン受容体拮抗薬です。オレキシンは脳の視床下部で作られる、覚醒を維持する神経伝達物質で、オレキシンの作用が弱まると眠気が出ます。一方、オレキシンの働きが強すぎると覚醒が維持されて不眠の症状が出ます。オレキシン受容体拮抗薬は、オレキシンの作用をブロックすることにより眠気を出します。

自然な眠気を強めるタイプの睡眠薬として2つ紹介しました。これらは身体の睡眠・覚醒のシステムの中で不足しているものの作用を補ったり、過剰なものの作用をブロックすることで、不眠を解消する薬で、副作用や依存性の問題が少ないのが特徴です。

 

以上、成分によって睡眠薬を大きく2グループに分けてご紹介しましたが、①鎮静型の睡眠薬は、作用時間の違いから超短時間型、短時間型、中時間型、長時間型と分けられています。これらの睡眠薬を処方される場合には作用時間に注意することも大切です。

 

睡眠薬の選び方、上手な付き合い方

 

 

従来は、鎮静型の睡眠薬を使用して無理やり脳を鎮静化して眠らせる方法が主流でした。しかしながら、近年では睡眠のメカニズムの解明が進んでおり、不眠の原因を特定し、特定された身体の異常を正す治療へと移り変わりつつあります。

そのため、いきなり鎮静型の睡眠薬を使うのではなく、まずはメラトニン受容体作動薬やオレキシン受容体拮抗薬といった、自然な眠気を強めるタイプの睡眠薬を使用することが望ましいです。これらで効果がなければ、メラトニン不足やオレキシン過剰が不眠の原因ではなく、何か他に原因があることが分かります。その上で、どうしても必要があれば、最終手段として鎮静型の睡眠薬を考えるようにしましょう。

また、睡眠薬とうまく付き合っていく上で、不眠症の患者の立場としてできることもあります。「眠れないから睡眠薬が必要」と考えるのではなく、どのように眠りの状態が良くないのか、どのように困っているのかを、睡眠の専門医に具体的に相談してみることが大切です。また、相談の結果、睡眠薬を処方された場合も、その薬がどのようなものなのか理解することが大切です。不明な点があれば薬剤師に聞きましょう。睡眠薬の性質を理解した上で使用することで、適切な作用を得ることにつながりますし、トラブルも減少します。また、使用中に異変を感じたり、自分に合わないと感じたら遠慮なく医師に相談するようにしましょう。自身の睡眠に対して主体的になることで、睡眠薬とも上手に付き合っていきましょう。

 

 

(Writer: SleepediA編集部)

 

医師が回答いたします。気軽に質問ください。

医師に相談する

関連記事

タグから検索